[ニューヨーク 14日 ロイター] - 14日のニューヨーク外為市場では、ドルが上昇。米朝関係の緊迫化などを受けて前週末に市場参加者が売り持ちにしたドルを、いったん買い戻す動きが広がった。週明けにかけて、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の双方からさらに強硬な内容の発言が出てこなかったため、安全通貨とされる円やスイスフランからドルに資金が回帰した。

終盤の主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.4%高。ドル/円<JPY=>は0.5%高の109.67円、ドル/スイスフラン<CHF=>も1.1%上がった。

TDセキュリティーズのFX戦略北米責任者マーク・マコーミック氏は「ポジションが一方向に大きく傾いていたので、市場が逆に動き始めた。円とスイスフランの強気ポジションが若干巻き戻された」と指摘。ドルの地合いが相当悪化していることから、ほんのちょっと予想より明るい材料があればすぐにドルに資金が向かう状況だと付け加えた。

米商品先物取引委員会(CFTC)が11日公表したポジション動向によると、足元の投機筋のドル売り持ち規模は2013年1月以来の大きさだった。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁が14日、連邦準備理事会(FRB)が9月にバランスシート縮小を開始するとの見通しは不合理ではなく、経済指標が持ちこたえれば年内あと1回の利上げがある、との見方を示すと、ドル指数は日中高値まで買い進まれた。

またナットウェスト・マーケッツのマクロストラテジスト、ブライアン・デンジャーフィールド氏によると、米国株の上昇もドルの押し上げ要因になった。

ドル/円 NY終値 109.62/109.65

始値 109.72

高値 109.77

安値 109.43

ユーロ/ドル NY終値 1.1778/1.1782

始値 1.1799

高値 1.1802

安値 1.1770

(表はロイターデータに基づいています)