[バンコク 15日 ロイター] - タイのドーン外相は15日、暫定政権のプラユット首相が10月に米ホワイトハウスを訪問すると明らかにした。通商や安全保障が議題になるという。

先週にはティラーソン米国務長官がタイを訪れ、2014年のクーデターで軍が実権を握って以来、最もハイレベルの米高官訪問となった。

ドーン外相は「トランプ大統領とは通商、投資、軍事的な安全保障、そして重要課題である地域情勢を巡り協議が行われる」との見通しを示した。