[ソウル 15日 ロイター] - 北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は15日、外務省報道官の話として、現状の米国との関係を考慮すれば、拘束している米国市民について協議するのに今は適切な時期ではないと伝えた。

報道官の話は、拘束された米国人の問題を協議するために米国が数カ月にわたり北朝鮮と外交の裏ルートで連絡を取っていたとの週末のメディア報道を受けたもの。

北朝鮮は現在、さまざまな罪状で3人の米国人を拘束している。