[北京 15日 ロイター] - 中国外務省の華春瑩報道官は15日の定例記者会見で、北朝鮮情勢を巡り、全ての関係国が火に油を注ぐのではなく、消火に努めるよう望むと述べ、各国に自制を求めるとともに、平和的な解決を呼び掛けた。