[ニューヨーク 15日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、7月の米小売売上高が7カ月ぶりの大幅増加となったことから、ドルが上昇した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がグアムへのミサイル発射計画について、決定を下す前にもう少し米国の行動を注視する姿勢を示したとの報道で、北朝鮮の過激な姿勢はポーズにすぎないとの見方が広がったこともドルが買われる要因になった。

ドル/円<JPY=>は上昇率が1%強と1日としては7月3日以来最大で、1週間強ぶりの高値を付けた。一方、ユーロ/ドル<EUR=>は7月28日以来の安値に沈んだ。

ドル指数<.DXY>は7月26日以来の高値を付けた後、終盤は0.45%高の93.848で取引された。

7月の米小売売上高は前月比0.6%増と2016年12月以来の高い伸びを記録し、6月分も上方改定された。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア・マーケット・アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「幅広い項目で数字が強く、全体とコアの両方で市場予想を上回った。6月分が発表当初のマイナスからプラスに改定されたことも心強い」と指摘。米小売売上高が堅調な内容となり、地政学的懸念も後退してドルが買われたと述べた。

外為ストラテジストからは、年初から下げてきたドルが自然反発したとの声も出ている。ドルは年初から対ユーロで12%近く下落し、ドル指数の下落率は8%強となっている。

ポンドは軟調。7月の英消費者物価指数(CPI)の上昇率が市場予想を小幅ながら下回り、ユーロとドルに対してポンドが売られた。終盤のポンド/ドル<GBP=D4>は0.75%安の1.2863ドル。

ドル/円 NY終値 110.66/110.69

始値 110.37

高値 110.84

安値 110.38

ユーロ/ドル NY終値 1.1733/1.1737

始値 1.1748

高値 1.1757

安値 1.1688

(表はロイターデータに基づいています)