[ニューヨーク 15日 ロイター] - トランプ米大統領は15日、バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義団体と反対派が衝突した事件を巡り、双方に暴力的な行為があったとし、責任は双方にあると述べた。

大統領は事件発生当日の12日の会見で白人至上主義を明確に非難せず、野党民主党だけでなく共和党からも批判が噴出していたが、今回の発言は新たな反発を招いている。

大統領は15日、ニューヨークのトランプタワーで記者団の質問を受け、左派の反対派が「暴力的に相手を攻撃した」と述べた。ネオナチや白人至上主義者は「完全に非難されるべき」だとした一方で、反対派にも「トラブルメーカーはいた。黒い服を着てヘルメットをかぶり、野球用バットを持っていた。もう一方にも悪い人たちが多く存在した」と語った。

大統領は12日の会見で「われわれは可能な限り強い言葉で、この日の多方面における敵対感情、憎悪、暴力を非難する」と発言したが、14日には改めて声明を出し、ネオナチや白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」などを名指しで非難した。

大統領は15日、自身の12日当初の発言には問題はなかったとの見方を示した。「事実を把握していなければ明確な意見は表明できず、事実確認には時間がかかる」と指摘した。

共和党のロス・レイティネン議員はツイッターで大統領の発言を批判。シャーロッツビルの事件で「双方」に責任があると指摘したり、KKKやナチス支持者を巡る問題で相対的に語ったりすることに反対すると表明した。