[ソウル/ワシントン 15日 ロイター] - 米国のティラーソン国務長官は15日、北朝鮮との対話について、金正恩朝鮮労働党委員長が米国と話をしたいかどうかにかかっていると述べた。

国務長官は記者会見で「われわれは引き続き、対話への道を探ることに関心を持っているが、これは金氏次第だ」と話した。

国務省のヘザー・ナウアート報道官は、北朝鮮がグアムへのミサイル発射を遅らせる可能性を示唆したことだけでは十分でなく、「朝鮮半島の非核化を進める意志」を示すことが必要だと主張。「北朝鮮にはもっと多くが求められる」とし、「米国との交渉のテーブルに着くには、何をすべきか知っているはずだ」と述べた。