橘玲の世界投資見聞録 2017年8月17日

IS(イスラム国)に潜入したドイツ人ジャーナリストが
見た衝撃の内実とは?[橘玲の世界投資見聞録]

発売即重版決定! 幸福の「資本」論(橘玲著) 好評発売中

 米軍の支援を受けたイラク軍が、IS(イスラム国)に支配されていたイラク北部の主要都市モースルを奪還したことで、次の焦点はシリア側にある「イスラム国の首都」ラッカへの攻撃に移っている。すでに各国のメディアがモースルから報道をはじめているが、「イスラム国」への潜入を試みたジャーナリストはそれ以前にもいた。その興味深い記録のひとつとして、ここではドイツ人のジャーナリスト、ユルゲン・トーデンヘーファーの『「イスラム国」の内部へ』を紹介したい。

 話の前提として、イラクはシリアとともに、植民地時代にイギリスとフランスの領土分割によってつくられた「人工国家」で、イスラームのスンニ派とシーア派、およびクルド民族という異なる宗派・民族、異なる利害集団がひとつの「国家」に押し込められていることを確認しておこう。

 フセインの独裁政権では少数派のスンニ派が多数派のシーア派や北部のクルド民族を抑圧することで平和が保たれていたが、2001年の9.11同時多発テロを口実に米ブッシュ政権がフセイン政権を崩壊させイラクを「民主化」した結果、多数派のシーア派が権力を握り、クルド民族と共闘してスンニ派への徹底した報復を始めた。モースルなどイラク北部はスンニ派が多数を占めており、この報復に反発した住民たちが率先してISを受け入れたことで、イスラーム原理主義カルトが「国家」を樹立するという驚くべき事態が起きたのだ。

[参考記事]
●アメリカの素朴な「民主主義」への幻想が「イスラム国」を生み出した
 

「テロリストの友」と呼ばれたジャーナリスト

 トーデンヘーファーは裁判官からジャーナリストに転身した変り種で、「真実」を知るためには双方の主張に耳を傾けなければならない、ということを裁判官時代に思い知らされたという。検察の論告と弁護人の陳述を聞いたあとでは、被告についての印象がまるで変わってしまうのだ。

 「どちらかが100%の正しさを持っていたことなどほとんどない。たいていの場合もう一方の側を正当化する論拠がある。最終的に下した決定がどこから見ても公正だったという感情を持てたことは稀である」と、トーデンヘーファーは述懐する。

 ジャーナリストになってからもこの原則を忠実に守り、ソ連がアフガニスタンに侵攻したときは、ムジャーヒディーン(イスラーム戦士)とともに占領下のアフガニスタンに赴くと同時に、モスクワでソ連の参謀本部長と会見した。9.11によってターリバーン政権が崩壊すると、「アメリカの傀儡」といわれたハーミド・カルザイ大統領と会談する一方、ターリバーン指導者の主張も聞いたことで「ターリバーンのスポークスマン」「テロリストの友」などといわれた。

 だがもっとも強く批判されたのは、シリアのバッシャール・アル=アサド大統領と会見し、シリア問題の平和的解決のためにアメリカとの関係をとりもとうとしたことだ。リベラルな欧米のメディアのあいだではアサドは「残忍な殺人者」とされており、これまで寄稿していた日刊紙からすべての記事の掲載を拒否されただけでなく、「モサド(イスラエルの諜報機関)からカネをもらっている」「斬首だ、ドーフェン(愚かな)ヘーファーさん!」「お前を刺し殺してやる、この汚れたブタめ」などの中傷(というよりも殺害予告)を受けることになった。

 これをジャーナリストの鑑と見なすか、偏屈と思うかはひとそれぞれだろうが、このような人物でなければ「イスラム国」を訪れてIS幹部や戦闘員に話を聞こうなどと考えないのもたしかだ。

 といってもトーデンヘーファーは無鉄砲なジャーナリストではなく、取材にあたっては万全の準備を試みている、インターネットで「イスラム国」のジハード(聖戦)に参加したドイツ人を探したところ、アブー・カターダと名乗る生粋のドイツ人を見つけた。そこで、ISのメディア部門の幹部らしい彼を通じて、イスラム国の「カリフ国事務局」がISの領土を安全に旅することができる安全保証書を発行するよう交渉したのだ。

 アブー・カターダがこの安全保証書を約束したことで、トーデンヘーファーは息子とともに「イスラム国」に向かうことになる。

イスラム国の内実をトーデンへーファーが明らかにした

キリスト教文化で育った白人の若者がイスラームに改宗しISに加わった理由

 2014年12月6日、トーデンヘーファーはトルコのシリア国境近くの町ガズィアンテプで、迎えに来た白いミニバンに乗り込んだ。しばらくすると、背が高く青い目で白い肌の若い女性が車に乗ってきた。彼女はベルリン出身で、30代半ばくらいだった。

 「イスラーム教に改宗し、メッカに巡礼しました。その後、公安機関によって厳しく観察されることになり、最後は6歳の子供を取り上げられてしまいました。メッカ巡礼以降、安住できなくなり、今はすべての期待をISにかけています。ドイツには絶対帰りたくありません」と彼女はいった。

 「でも、それではお子さんを永久に失うことになりますよ」とトーデンヘーファーが困惑すると、「もうすべて失っています。これ以上失うものは何もありません」とのこたえが返ってきた。

 トルコからシリアへの国境では、戦闘員の一人が鉄条網を通り抜けられるよう有刺鉄線を持ち上げていた。そこを越えると、数百メートル先の木々の後ろに5台の車が隠れて停まっていて、覆面をした5人の男たちが待っていた。「イスラム国」への潜入は、じつにあっけないものだった。

 トーデンヘーファーはシリアのラッカでアブー・カターダと合流すると、「大きなマフラーで顔を覆ったイギリスのアクセントで話す運転手」とともに、イラク側のモースルを目指すことになる。

 そのモースルでトーデンヘーファーは、金髪のフィンランド人とスウェーデン人と出会う。そのスウェーデン人は、モースルでの生活を「この世の天国、人生で最高の時」といっていた。

 それまでも欧米諸国から「イスラム国」に多数の戦闘員が加わっていることは知られていたが、彼らはみな北アフリカなどからの移民出身者だと考えられていた。イスラームの家庭で育った若者が、なにかのきっかけで原理主義的なカルトと出会い、凶悪なテロリストに変貌するのだ。

 だがトーデンヘーファーは、少なからぬ白人の若者(それに女性までも)が「イスラム国」にいることを確認した。キリスト教文化で育った若者がイスラームに改宗しISに加わっていることは、ヨーロッパにとって大きな衝撃だった。

 彼らはなぜ、カルトに魅了されたのか。じつはトーデンヘーファーは、出発前にデュッセルドルフでアブー・カターダの母親と会っていた。彼の本名はクリスティアンという。

 母親の話によると、子どものときからクリスティアンは知識欲旺盛な子で、「死ぬってどういうこと?」などの質問をたくさんした。学力が高く、特別の才能をもった子どもが集まるエリート校に入学したが、すぐに退学になってふつうの学校に戻ることになる。校庭で生徒が上級生からさんざん殴られている場面にでくわし、割って入ってその上級生をはげしく殴ったからだという。

 転校した学校では、校長がムスリムの旧友の携帯電話を投げ捨てたことに抗議して退学になる。授業中に携帯を使ったのはムスリムの少年だけではないのだから、彼がそのことで退学になるのなら、自分も同じように放り出されて当然だといったのだという。

 20歳前後の頃、クリスティアンは初恋にやぶれた。ザビーネという女性と何年も同棲していたのだが、彼女から別れを告げられたのだ。クリスティアンは二昼夜母親のところで泣きつづけ、まったく立ち直れなかった。母親は、それを境にあらゆることが変わってしまったという。

 クリスティアンは母親に頼んで、アラビア語のものも含めてコーランを数冊注文した。アラビア語でコーランを読めるようになるとモスクに通い、エジプトのアレクサンドリアに半年ほど留学した。帰国後は保険会社への就職を断り、ハードウェアとソフトウェアの販売を始めた。このビジネスでクリスティアンは「さまざまな財務上の違法行為」で訴えられたが、無実を主張してたいしたことにはならなかったという。

 2011年にクリスティアンは、ムスリム同胞との会合に参加するためイギリスに行くが、入国の際にラップトップにジハードと爆弾製造の文書が保存されていることが発覚し、16カ月拘留の有罪判決を受けることになる。イギリスから国外追放されると、ドイツでは残りの拘留期間を猶予されて保護観察下に置かれるが、その間、引きこもりはますますひどくなって、いつまでも寝ていて、夜の会合に出かけていく以外はほとんどなにもしなくなった。

 やがてシリアで戦争が始まり、ある日、クリスティアンはドイツから姿を消した。そしてアブー・カターダとなって「イスラム国」に姿を現したのだ。トーデンヘーファーが出会ったとき、彼は31歳だった。

 こうした経歴を読んで、どのような人物を想像するだろうか。じつは『「イスラム国」の内部へ』には、アブー・カターダの写真が掲載されている。

 ISの戦闘員は誰もが精悍で、AK47を抱えているが、アブー・カターダだけはまったく別だ。それは、戦闘服ではなくアラブの青い服を着ているからだけではない。「体重が150キロ以上あって、体の横幅と縦とがほとんど同じで、赤褐色の髭面だった」とアブー・カターダの第一印象をトーデンヘーファーは描写している。クリスティアンは、“魁夷”であると同時に“怪異”としかいいようのない容貌だったのだ。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

出版即重版決定! 橘玲氏の最新刊!2017年6月14日発売!
幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版決定!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。