[東京 16日 ロイター] - 日本政府観光局によると、7月の訪日外国人客数は前年同月比16.8%増の268万2000人と1カ月間としての過去最高を更新した。

国別では、中国が最も多く同6.8%増の78万0800人、次いで韓国が同44.1%増の64万4000人、台湾が同12.5%増の44万6600人、香港が同27.1%増の23万4600人。いずれも月間の過去最高を更新した。

政府観光局は、外国人客数の増加要因として、1)各国で夏休みシーズンとなり、旅行需要が高まった、2)航空路線の新規就航や増便、訪日クルーズの就航、3)訪日旅行プロモーションの効果──などを挙げている。

地域別では、韓国、中国、台湾、香港の東アジア4カ国からの旅行客の大幅な増加が全体をけん引。また、米国からも同10.0%増の12万9400人が訪れ、豪、独、仏、伊、加、スペインなどとともに、7月としての過去最高を更新した。

(田巻一彦)