ソフトバンク、5G
5Gの商用サービスに向けた実証実験に関する契約締結

 ソフトバンクは8月16日、ノキアソリューションズ&ネットワークスと4.5GHz帯を使用した5Gの商用サービスに向けた実証実験に関する契約を締結したと発表した。

 ソフトバンクは2016年8月に5G向け候補周波数帯の実験局免許を取得、5G要素技術を実装した実証実験装置を用いた超高速ブロードバンド通信、超低遅延通信などの検証を実施している。今回の契約に基づき、空間分割技術をより商用ネットワークに近い環境で用いて、さらに高速で快適な通信を提供するための実証実験などを新たに実施するという。

 なお、同社はZTEコーポレーションとも4.5GHz帯を利用した都市部での5Gの実証実験に関する契約を締結しており、5Gに先行して商用サービスを開始しているMassive MIMOの稼働実績に基づき、5Gネットワークでの提供に向けた実証実験や検証などを新たに実施するという。

 ソフトバンクでは、これらの実証実験を通じて5Gの導入に向けたノウハウを蓄積し、2020年頃の商用サービス開始を目指すとしている。