[ニューヨーク 16日 ロイター] - 16日の米国株式市場は、主要株価指数が小幅高で取引を終えた。トランプ米大統領の政策を巡る懸念が強まる中、米連邦準備理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、当局者が低調なインフレを憂慮している状況が示された。

トランプ大統領は米経済界の首脳らで構成する大統領助言組織の「製造業評議会」と「戦略・政策フォーラム」を解散した。これを受けて主要株価指数は上げ幅を縮小。USバンク・プライベート・ウェルス・マネジメントの投資担当マネジングディレクター、デービッド・シーゴレイト氏は助言組織解散について「大統領の政策遂行能力に対する疑念を少し強めるものだ」と述べた。

FOMC議事要旨公表後は、相場は方向感を欠く展開となった。議事要旨によると、一部のメンバーは低インフレの傾向が一時的であることが明確になるまで追加利上げを見送るべきだと主張した。

BB&Tウェルス・マネジメントのシニア・バイス・プレジデント、バッキー・ヘルウィグ氏は「議事要旨への反応はまちまちだった。投資家は、インフレがFRBの目標に到達せず、FRBが引き締めを急ぎすぎているのではと心配している」と指摘。同時に、次の利上げが先送りされる可能性もあり、これは株価の支援材料になり得ると付け加えた。

セクター別では、S&P素材株指数<.SPLRCM>が0.9%上昇。銅など金属価格の上昇が追い風となった。

通常取引終了後の時間外取引では、ネットワーク機器のシスコシステムズ<CSCO.O>が決算発表を受けて2.3%下落した。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.52対1だった。ナスダックも1.23対1で上げ銘柄が下げ銘柄を上回った。米取引所の合算出来高は約58億株で、直近20営業日の平均である63億株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 22024.87 +25.88 +0.12 22031.93 22085.71 22002.47 <.DJI>

前営業日終値 21998.99

ナスダック総合 6345.11 +12.10 +0.19 6348.11 6374.56 6330.27 <.IXIC>

前営業日終値 6333.01

S&P総合500種 2468.11 +3.50 +0.14 2468.63 2474.93 2463.86 <.SPX>

前営業日終値 2464.61

ダウ輸送株20種 9377.22 +6.15 +0.07 <.DJT>

ダウ公共株15種 739.62 +2.07 +0.28 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1098.07 +1.64 +0.15 <.SOX>

VIX指数 11.74 -0.30 -2.49 <.VIX>

S&P一般消費財 716.31 +3.21 +0.45 <.SPLRCD>

S&P素材 341.19 +3.12 +0.92 <.SPLRCM>

S&P工業 584.27 +0.87 +0.15 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 574.03 +1.80 +0.32 <.SPLRCS>

S&P金融 415.08 -1.00 -0.24 <.SPSY>

S&P不動産 200.47 +0.55 +0.28 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 461.18 -5.26 -1.13 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 916.03 +2.32 +0.25 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 159.41 +0.17 +0.11 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1000.54 +2.62 +0.26 <.SPLRCT>

S&P公益事業 275.83 +0.88 +0.32 <.SPLRCU>

NYSE出来高 7.31億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 19715 - 15 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 19710 - 20 大阪比 <0#NIY:>

(ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)