99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第3刷となり、話題沸騰中。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。 

純正な正義・究極の理想を求める
「天の六白」

『9code(ナインコード)占い』では、人間を地球生命体の一部と考え、どんな人間も「生年月日」で次の9タイプに分けられます(『9code(ナインコード)』判定法は本書にあります)。

1.水の一白(いっぱく)
2.大地の二黒(じこく)
3.雷の三碧(さんぺき)
4.風の四緑(しろく)
5.ガイアの五黄(ごおう)
6.天の六白(ろっぱく)
7.湖の七赤(しちせき)
8.山の八白(はっぱく)
9.火の九紫(きゅうし)

 天の六白人は、大きな視点で核心を見ることに長けています。
 それはなぜか?
 そう、天空から地上を見下ろすがごとく、物事を全体的な視野で客観的に見ることができるからです。

 この仕事のもたつきの原因は何か?
 何でこんなにプロジェクトが進まないの?

 まるで、天から交通渋滞の原因がどこにあるのかを見極めるかのように、冷静に、一発で、判断してしまう能力があります。

 そして、それに伴い、プライドの高さもピカイチ。
 天から目線なので、自分をある程度高い位置に置こうとします。
 だからこそ、必然的にプライドも高い傾向があるのです。

 六白の「白」は、プラチナのようなシルバーの白。高貴さのイメージを持っています。

 原典である『易経』には「乾為天(けんいてん)」とあり、この特性は、集団で一番上に立つリーダーとしての気質に富み、統制力と指揮力を持ったリーダーになるタイプといえます。

 純正な正義や理想を築きあげる強靭な信念を持っているのが、天の六白人です。
 そのため、志を高く、天に従って人格を高めながら、創造性を発揮し、自他ともに幸せになる考え方をすれば希望は叶い、理想が実現できます。