[北京 17日 ロイター] - 中国人民解放軍の制服組トップ、范長龍・中央軍事委員会副主席は17日、米中両軍間の相互的な信頼醸成メカニズムは引き続き改善しているとしたうえで、台湾における米国の「誤った」行動や南シナ海での哨戒活動、韓国への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備が軍事的な信頼に大きな悪影響を及ぼしたと述べた。

米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長に対して、同副主席は、中国は米国と共に協力できる余地を見い出し、紛争や厄介な問題に適切に対処し、軍事協力が関係改善につながるよう取り組んでいくとの姿勢を示した。