[ワシントン 17日 ロイター] - 米ホワイトハウス当局者は17日、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任する意向はないことを明らかにした。

ホワイトハウス当局者はロイターに対し、「コーン氏は国家経済会議委員長のポストにとどまる意向を示している。変更事項は何もない」と述べた。

ただ、トランプ大統領がコーン氏と今週これまでに起きた事態について話し合ったかについては明らかにしなかった。

コーン氏が辞任するとのうわさを受けドルと米株価が下落していた。

トランプ大統領は前日、米企業首脳らで構成する2つの大統領助言組織「製造業評議会」と「戦略・政策フォーラム」を解散したばかり。バージニア州シャーロッツビルで週末に発生した白人至上主義団体と反対派の衝突を巡るトランプ氏の発言を受け、メンバーの辞任が相次いでいた。

*内容を追加して再送します。