[ラボック(米テキサス州) 17日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は17日、追加利上げを支持するには中期的にインフレ率が目標としている2%に達するとの確証を得る必要があるとの見解を示した。

同総裁は記者団に対し「(インフレ)目標が短期的に達成される必要があるとは考えていない。中期的に達成されるとの確証、確信を得たいだけだ」と述べた。