[17日 ロイター] - <為替> ニューヨーク外為市場では、ドルがユーロに対して上昇した一方、円とスイスフランに対しては下落した。欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表後にユーロが売られたが、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任するとの憶測により、ドルは不安定な動きとなった。こうした中、バルセロナで車両が群衆に突っ込み、少なくとも13人が死亡したとの報道を受け、安全通貨とされる円とスイスフランが買われた。

終盤のユーロ/ドル<EUR=>は0.25%安の1.1736ドル、ドル/円<JPY=>は0.55%安の109.60円、ドル/スイスフラン<CHF=>は0.4%安で推移している。主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は小幅高の93.628となった。

米国時間の早朝に公表されたECB理事会の議事要旨では、ユーロのオーバーシュートに対する懸念が示された。議事要旨公表後にユーロ/ドルは一時、約1%下落して3週間ぶりの安値となった。ユーロはスイスフラン<EURCHF=>と円<EURJPY=>、ポンド<EURGBP=>の3通貨に対しても値下がりした。

一方、ホワイトハウス当局者は「コーン氏は国家経済会議委員長のポストにとどまる意向を示している」と述べ、辞任観測を否定した。コーン氏はムニューシン財務長官とともにトランプ大統領が掲げる減税とインフラ支出の経済政策で中心的な役割を担うとみられているだけに、辞任観測の否定は市場を落ち着かせる要因となった。

ただアナリストの話では、ドルはホワイトハウスからの波乱含みの報道が相次ぎ、売られやすい地合いとなっている。

<債券> 米金融・債券市場は、国債利回りが低下した。

市場関係者らによると、スペイン東部バルセロナの車突入で死者が出たとの報道や、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長辞任のうわさが出て、安全資産とされる米国債に需要が集まった。

夏場の薄商いとなる中、10年債利回り<US10YT=RR>は一時、2.196%と前日から3ベーシスポイント(bp)近く下がって、4取引日ぶりの低水準をつけた。

コーン氏は、税制改革に向けたホワイトハウスの取り組みをリードするほか、イエレン連邦準備理事会(FRB)議長の最有力後継候補とも目されている。

コーン氏辞任のうわさが広がり、トランプ大統領が経済などに関する選挙公約を実現する上で難局に直面するとの懸念が強まった。

<株式> 米国株式市場は反落。トランプ米大統領が経済政策を実行できるか懐疑的な見方が広まった。S&P総合500種は過去3カ月で最大の下落率を記録し、ダウ工業株30種平均は全構成銘柄下げた。

トランプ氏が前日、米企業首脳らで構成する2つの大統領助言組織を解散したことで、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任するとの観測が浮上。株式市場は朝方から売られた。

ホワイトハウスがコーン委員長に辞任の意向はないと発表すると相場は一時的に下げ止まったが、その後は再び下げ幅を広げ、終盤にこの日の安値をつけた。

スペイン東部バルセロナで17日、車両が群衆に突っ込んで多数が死傷。警察がテロ攻撃とみていると伝わったことも相場を圧迫した。

個別銘柄では、前日の取引就業後に決算を発表したネットワーク機器のシスコシステムズ<CSCO.O>が4%安。小売りのウォルマート・ストアーズ<WMT.N>は利益率の低下が重しとなり、1.6%安で取引を終えた。

<金先物> ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米早期利上げ観測の後退やトランプ大統領の政権運営をめぐる不透明感などを背景に、続伸した。

前日午後に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、物価動向の弱さに懸念が示され、追加利上げが後ずれするのでないかとの観測が広がったため、金利を生まない資産である金にはこの日も追随買いが入った。また、トランプ氏は前日、民間企業・団体のトップで構成する二つの諮問会議を解散すると表明。トランプ政権が掲げる経済政策の実現性に懐疑的な見方が広がったことも、安全資産としての金買いを後押しした。

<米原油先物> ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米オクラホマ州クッシングの原油在庫が減少したとの報告を好感して買われ、4営業日ぶりに反発した。

米エネルギー情報局(EIA)が前日に発表した週報では、取り崩しが予想されていたガソリン在庫が前週比で横ばいだったことなどから、この日も米国内の供給過剰を懸念した売りが出て、早朝は軟調に推移していた。

しかし、米調査会社ジェンスケープが同日午前、WTIの受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの在庫が前週比100万バレル超の取り崩しとなったと公表。EIA週報では同在庫が70万バレル増だったこともあり、この日は安心感から買いが入り、相場はプラス圏に切り返した。

(※関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)