[東京 18日 ロイター] - 米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は18日、自衛隊の河野克俊統合幕僚長と会談し、高まる北朝鮮の脅威を前に同盟の結束をアピールした。

ダンフォード氏は冒頭、北朝鮮がグアム周辺にミサイルを打つと公言した際の日本の反応に言及。「日本が発した力強い言葉に感謝している」とした上で、「北朝鮮、そしてこの地域のすべての国に対し、日米どちらかが攻撃されれば、それは双方への攻撃になるということを明確にした」と述べた。

また、ダンフォード氏は日本が米国から陸上配備型の迎撃ミサイル「イージス・アショア」を新たに導入する計画への支援を表明。「弾道ミサイル防衛で最も重要なのは、我々の能力を統合することだ」と語った。

(ティム・ケリー、久保信博※)