[東京 18日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の109.32/34円だった。株安を眺めて上値の重い展開が続いた。前日海外市場で、スペイン東部バルセロナの車両突入事件で死者が出たとの報道や、ゲーリー・コーン米国家経済会議(NEC)委員長の辞任観測などを受けてドルが売られた流れを引き継いだ。

午後のドル/円は、朝方からの上値の重さが継続。一時109.27円に下落した。

市場では、米政権の混乱について「税制改革やインフラ投資といった政策への期待が後退しやすく、尾を引きそう」(邦銀)との指摘があり、海外時間に蒸し返されるリスクが警戒されているようだ。

東京市場では、国内勢によるドル買いや日銀による株買いへの思惑を支えに109円台に踏みとどまったとされるが、海外時間にはこうした支えが後退するとみられており、「109円割れを試すかもしれない」(別の国内金融機関)との声が聞かれた。

コーンNEC委員長の辞任説は否定されたが、政権運営の先行き不透明感への市場の警戒感は払しょくされていない。

市場では、トランプ米大統領は本音では白人至上主義を支持していると理解されており、「大統領自身が米国の分断を助長する結果を招いている」(FXプライムbyGMO常務取締役、上田眞理人氏)との意見も聞かれる。

結果的に「ドルの上値を追うような地合いではない」(証券会社)という。

トランプ大統領は、米企業首脳らで構成する2つの大統領助言組織「製造業評議会」と「戦略・政策フォーラム」を解散したばかり。バージニア州シャーロッツビルで発生した白人至上主義団体と反対派の衝突を巡るトランプ氏の発言を受け、メンバーの辞任が相次いでいた。

午前のドル/円は一時109.30円まで下落し、前日の海外市場の安値109.45円を下抜けた。ただ、その後は仲値公示にかけて買い戻された。事実上の五・十日となる18日は、国内実需勢ではドル買いが勝っていたとされる。

       ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 109.32/34 1.1731/35 128.27/31

午前9時現在 109.33/35 1.1713/17 128.08/12

NY午後5時 109.56/58 1.1723/25 128.43/47

(為替マーケットチーム)