ZenFone 4

 ASUSは、8月18日(現地時間)に台北で記者会見を開催し、同社製スマートフォン「ZenFone」シリーズ最新モデルとなる「ZenFone 4」シリーズ5機種を発表した。各機種のスペック詳細などは、既報記事を参照いただくとして、本稿では発表会の様子をレポートする。

ZenFone 4シリーズは全機種が背面デュアルレンズカメラを搭載!

ZenFone 4
発表会に登場した、ASUS会長のJohnney Shih氏

 今回発表されたZenFone 4シリーズ5機種は「ZenFone 4」「ZenFone 4 Pro」「ZenFone 4 Max Pro」「ZenFone 4 Selfie」「ZenFone 4 Selfie Pro」。

 これに、発表済みとなっている「ZenFone 4 Max」を加えると、ZenFone 4、ZenFone 4 Max、ZenFone 4 Selfieの3シリーズで、それぞれに無印とProの2モデルがラインアップされる形だ。

 これらZenFone 4シリーズ最大の特徴となるのが充実したカメラ機能。ZenFone 4シリーズでは、キャッチフレーズも「We Love Photo」とされており、ASUS会長のJohnney Shih氏も、登場直後からカメラ機能について言及。

ZenFone 4
ZenFone 4シリーズのキャッチフレーズは「We Love Photo」

 そして発表会では、ZenFone 4 Selfieシリーズ2機種とZenFone 4シリーズ2機種の全4機種について、仕様が詳しく紹介されたが、その中でも特に力を入れて紹介されたのが、各モデルのカメラ機能だ。

ZenFone 4
ZenFone 4シリーズ全機種にデュアルカメラを搭載するなど、冒頭からカメラ機能を強調
ZenFone 4
ZenFone 4シリーズは、今回発表された5機種と発表済み1機種合わせて全6機種。すべてが充実したカメラ機能を特徴とする

 まず、ZenFone 4 Selfieシリーズ。ZenFone 4 Selfieシリーズ2機種は、ディスプレーのある正面にデュアルレンズカメラを搭載する点が大きな特徴となる。

ZenFone 4
ZenFone 4 Selfieシリーズは、フロント側にデュアルレンズカメラを搭載

 標準レンズを採用する高解像度カメラに加えて、画角120度の広角レンズを採用し、広角撮影が可能なカメラを搭載しており、セルフィー撮影だけでなく、友人などと大勢でセルフィー撮影をする場合でも、広い領域で全員をカバーし撮影できるという。

ZenFone 4
ZenFone 4 Selfieは2,000万画素、ZenFone 4 Selfie Proでは2,400万画素相当の高画質セルフィーが撮影できる

 また、ZenFone 4 Selfie Proでは、正面の高解像度側カメラに1200万画素のソニー製センサー「IMX362」を採用し、2400万画素相当の高精細静止画撮影や4K動画撮影も可能。ソフトライト対応のフロントLEDフラッシュを搭載し、セルフィーのフラッシュ撮影もキレイに、充実した正面カメラ機能が特徴と紹介された。

ZenFone 4
ZenFone 4 Selfie Proでは、フロントカメラに1200万画素のソニー製センサー「IMX362」を採用し、2400万画素相当の高精細静止画撮影や4K動画撮影が可能
ZenFone 4
ZenFone 4 Selfie Proではフロントカメラで4K動画撮影も可能
ZenFone 4
ソフトライト対応のフロントLEDフラッシュを搭載
ZenFone 4
ビューティモードももちろん搭載

 続いて、ZenFone 4シリーズ。無印のZenFone 4と、フラグシップモデルとなるZenFone 4 Proをラインアップしており、双方とも背面カメラにデュアルレンズカメラを搭載している。双方とも、標準レンズと画角120度の広角レンズを採用するデュアルレンズカメラとなっているが、無印とProでセンサーに違いがある。

ZenFone 4
ZenFone 4シリーズは、背面のリアカメラにデュアルレンズカメラを搭載

 ZenFone 4では、標準レンズ側に1200万画素のソニー製センサー「IMX362」を採用し、広角レンズ側には800万画素のセンサーを採用するという。

 標準レンズ側では0.03秒の高速オートフォーカスや、4軸光学手ブレ補正機能にも対応する。また、フロントカメラには800万画素のセンサーを採用する。

ZenFone 4
ZenFone 4では、標準レンズ側に1200万画素のソニー製センサー「IMX362」を採用。レンズはF1.8と明るく、4軸光学手ブレ補正にも対応
ZenFone 4
2400万画素相当での静止画撮影が可能で、0.03秒の高速オートフォーカスや4K動画撮影もサポート
ZenFone 4
32秒長時間露光やRAWデータ保存も可能なProモードを用意
ZenFone 4
フルHD解像度で120fps、HDで240fpsのスローモーション撮影が可能

 それに対しZenFone 4 Proでは、リアカメラの標準レンズ側に1200万画素のソニー製センサー「IMX362」、広角レンズ側に1600万画素のソニー製センサー「IMX351」、正面に1300万画素のソニー製センサー「IMX319」と、3眼ともにソニー製センサーを採用する点が大きな特徴となる。

 また、背面カメラの標準レンズ側は4軸光学手ブレ補正と3軸デジタル手ブレ補正をサポート。正面カメラは3軸電子手ブレ補正をサポートするという。これによって、リアカメラ、フロントカメラともに非常に高画質な写真を撮影できる点が特徴と紹介。

ZenFone 4
フラグシップモデルのZenFone 4 Proでは、3つのカメラすべてにソニー製センサーを採用するこだわりよう
ZenFone 4
IMX362採用のメインカメラでは、F1.7の明るいレンズ、4軸光学手ブレ補正などの機能に対応
ZenFone 4
フロントカメラには、F1.9のレンズを採用し、3軸の電子手ブレ補正機能も搭載
ZenFone 4
0.03秒の高速オートフォーカスにも対応

 このほか、0.03秒の高速オートフォーカス、最大32秒の長時間露光やRAWデータなどにも対応するProモードを含めた12種類の撮影モードの用意、HD解像度で240fps、フルHD解像度で120fpsのスローモーション撮影機能などが紹介された。

全モデルともSoCはSnapdragonを採用。価格は599ドルから

 今回発表された5機種は、全機種がプロセッサーにクアルコムのSnapdragonシリーズを採用している。具体的には、ZenFone 4がSnapdragon 660、ZenFone 4 ProがSnapdragon 835、ZenFone 4 SelfieがSnapdragon 430、ZenFone 4 Selfie ProがSnapdragon 625、ZenFone 4 Max ProがSnapdragon 425または430(発売地域によって異なる)を採用している。

ZenFone 4
ZenFone 4シリーズは全機種でプロセッサーにクアルコムのSnapdragonを採用

 そして、発表会には台湾・クアルコムの社長のST Liew氏が登壇し、「クアルコムとASUSは長い間パートナーとして、優れたイノベーションを提供しています」と、ASUSとの関係を述べるとともに、発表されたZenFone 4シリーズについて「非常に素晴らしい製品ばかり」と賛辞を述べた。

 また、ZenFone 4 Proに搭載されているSnapdragon 835について、非常に優れたCPUの処理能力でアプリケーションが快適に動作し、高性能GPUでゲームも快適にプレイできると紹介。そしてST Liew氏は、「今後もASUSとのパートナーシップを強化し、よりよい製品を提供できるように協力していきます」と述べ、挨拶を終了した。

ZenFone 4
発表会には、台湾・クアルコムの社長・ST Liew氏が登壇し、挨拶
ZenFone 4
Snapdragon 835の性能の高さをアピールする、ST Liew氏

 ZenFone 4シリーズ全機種で、UIには最新の「ZenUI 4.0」を採用する。従来のZenUI 3.0では、オリジナルアプリを含めて多数のアプリがプリインストールされていたが、ZenUI 4.0ではシンプルさを追求し、オリジナルアプリやサードパーティアプリも含めてプリインストールアプリを大幅に削減。

ZenFone 4
ZenFone 4シリーズでは、UIに最新の「ZenU 4.0」を採用。プリインストールアプリを最小限にしてシンプルさを追求したという

 また、OSには全機種がAndroid 7.1もしくは7.0を採用するとともに、次世代のAndroid Oへのアップデートも約束。加えて、従来モデルのZenFone 3シリーズにも、ZenUI 4.0とAndroid Oへのアップグレードされることも示された。

ZenFone 4
ZenFone 4シリーズはAndroid 7.x(Nougat)を採用し、Android Oへのアップデートも約束。加えて、ZenFone 3シリーズでもZenUI 4.0とAndroid Oへのアップデートを提供するという

 最後に、ASUSの発表会ではおなじみとなっている、ASUS会長のJohnney Shih氏による各製品の価格発表。

 発表された価格は、すべてが米ドルベースで、ZenFone 4が399ドル(約4万4000円)から、ZenFone 4 Proが599ドル(約6万6000円)から、ZenFone 4 Selfieが279ドル(約3万1000円)から、ZenFone 4 Selfie Proが379ドル(約4万2000円)からとなる。発売時期や地域については言及されず、日本での発売についても現時点では未定だ。

ZenFone 4
ASUS発表会おなじみの、Johnney Shih氏による価格発表。ZenFone 4は399ドルから
ZenFone 4
ZenFone 4 Proは599ドルから
ZenFone 4
ZenFone 4 Selfieは279ドルから
ZenFone 4
ZenFone 4 Selfie Proは379ドルから

ZenFone 4のCMキャラクターにコン・ユさんが登場
会場は興奮のるつぼに

 ところで、ZenFone 4シリーズのCMでは、韓国の俳優、コン・ユさん(台湾では「孔劉」と表記)が起用されており、今回の発表会にもコン・ユさんが登場。

ZenFone 4
今回の発表会は一般の人も入れる形式で開催されたので、いつもの発表会と違って多くの人が会場に詰めかけていた
ZenFone 4
芸能人が登場するとあって、地元台湾のテレビ局の取材も多かった

 実は、台湾でもコン・ユさんはかなり人気があるそうで、発表会にはコン・ユさんのファンも多数詰めかけていた。これは、一般の人たちも入れるような形で発表会が開催されたからで、早い人では前日の夜から会場で並んでいたという。

 また、会場内に入れない人のために、外にパブリックビューイングスペースも用意する力の入れようだった。

ZenFone 4
新製品プレゼンテーション終了後、ZenFone 4シリーズのCMに出演しているコン・ユさんが登場
ZenFone 4
コン・ユさん目当ての一般の人たちは、登場直後から大盛り上がり
ZenFone 4
会場隣には、入れなかった人のためにパブリックビューイングスペースも設けられた

 そして、ZenFone 4シリーズの紹介がひと通り終わった後にコン・ユさんが登場すると、会場のファンの女性から、まさに黄色い悲鳴と呼ぶにふさわしい大きな歓声が上がった。

 筆者は、これまでにASUSの発表会を多数取材してきたが、女性の黄色い悲鳴が飛ぶASUSの発表会は今回が初めてだった。コン・ユさんは、CM撮影秘話などを話し、会場は大いに盛り上がった。

 最後には、ファンの女性数名をステージに上げ、ZenFone 4を使って一緒にセルフィーを撮影するという、ファンにはたまらないサービスも。もちろん、間近でコン・ユさんが見られたことで、セルフィー撮影に選ばれなかった一般の人たちも大満足のようだった。

ZenFone 4
Johnney Shih氏と並んでZenFone 4シリーズを手にするコン・ユさん
ZenFone 4
来場客数人を壇上に上げて、一緒にセルフィー撮影