Instagramに投稿された写真に一言残すなら、コメントに書くのが普通だ。しかし、公開されているコメントには書きづらい内容は、個人的なダイレクトメッセージで送ることもできる。メーカーやマスコミが写真に関して、連絡を取る際にも利用されている。FacebookメッセージやLINEのようなものなので、使い方に迷うことはないだろう。

 まずは、メイン画面の右上にある紙飛行機のアイコンをタップする。「新しいメッセージ」画面でユーザーを選び、「次へ」をタップ。テキストを入力してメッセージを送ればいい。絵文字はもちろん、画像を送ることも可能だ。着信した方はメッセージを開き、返信できる。このメッセージはLINEのように、既読マークが付く。当然、既読スルー問題もあるので、意図せずに無視したりしないようにしたい。

 送信したメッセージを取り消すこともできる。送った後に、言わなければ良かった! と反省したらキャンセルできるのだ。ただし、その間に相手が読んでしまう可能性はある。メッセージに既読が付かなくても、通知などで目にした可能性はあるので注意しよう。

 ちなみに、Instagramのダイレクトメッセージはフォローしていない人にも送ることができる。返信に困るような迷惑メッセージを送ってくる相手がいる場合は、ブロックしよう。

9回目
右上の紙飛行機アイコンをタップする
9回目
「新しいメッセージ」をタップする
9回目
ユーザーを選択して「次へ」をタップする
9回目
メッセージを入力して「送信」をタップする
9回目
相手にメッセージが届く
9回目
普通のメッセージアプリのようにやりとりできる
9回目
自分が送ったメッセージは長押しすることでキャンセルできる
9回目
キャンセルしても相手が読んだ可能性は残るので注意
9回目
メッセージを削除できた