スマートフォンからステレオミニジャックが消えつつある今、伸び盛りの製品カテゴリー「トゥルーワイヤレスイヤフォン」。しかし新しいカテゴリーゆえ、なかなか選びどころがわからない。

 そこでトゥルーワイヤレスイヤフォンにはどんな製品があるのか、価格帯別に概観してみよう。というのがこの稿のテーマ。2017年6月末までに発売された製品レビューのまとめである。

 価格はe☆イヤホンの販売価格を参考につつ、抜税価格でアンダー1万円(0-9999円)、1万円台(1万-1万9999円)、2万円オーバー(2万-∞)の3クラスに分けた。価格の違いはどこに現れるのか、予算に応じてなにを基準に選べばいいのか。レビューワーである私個人も、それが知りたかった。

 今回はその3回目、現時点で最上位の価格帯、オーバー2万円台。お高いトゥルーワイヤレスってどれくらいいいのか?

今回のテスト機種

Jabra Elite Sport 3万2800円
ERATO APOLLO 7s 3万9830円

価格の理由はどこにあるのか

 このカテゴリーのイヤフォンで注目を集めた「EARIN M-1」は、2015年末に実売2万9800円で登場。これくらいの価格がカテゴリーの基準になるのかな? と思っていた1年後に、AppleがAirPodsを1万6800円で売り始めた。

 加えてクアルコムが供給するトゥルーワイヤレス向けのBluetoothチップを使って、中華系新興ブランドが続々と激安製品を投入。古い製品は徐々に値を下げ、国内の代理店を通じて入手できる製品でも、1万円を切る製品がいくつも登場というのが現況。

 いま2万円台以上で売られている製品は、ユーザーの支持が厚く価格を下げる必要のなかったものか、ほかにない付加価値が付いているから。今のところトゥルーワイヤレスに使える技術やパーツは限られているため、高価だからと言って再生音が段違いに優れているというわけでもない。では、どこが価格を支える理由なのか。

心拍・加速度センサーが付いて音も悪くないJabra Elite Sport

 JabraのElite Sportはイヤフォンに心拍センサーと加速度センサーを付けた製品。ヘッドセットを造り慣れた通信機器老舗の製品らしく、イヤフォン本体の造りは抜群で、センサー類の応用も決しておまけ程度のものではない。

3万円で心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンは音もバランスよい

 この製品は6月半ばにマイナーチェンジを受け、スタビライザーがライムグリーン、本体色グレーのツートーンモデルが追加。従来のブラックと合わせて2色展開になった。あわせてイヤフォンの中身もBluetooth 4.2にアップデートされ、音楽の連続再生時間は3時間から4.5時間に伸びている。

 スポーツ用途を想定したタフな造りが特徴で、まずスタビライザーのフィッティングさえしっかりできれば、装着安定性は非常に高い。そして高い防水性能。普通は汗や水しぶきに耐える程度のものだが、この機種は1mの水中に30分間没しても平気なIP67の防塵防水性能を持っている。

 機能も豊富で、AirPodsのように最後に接続したポイントを地図に表示する「ヘッドホンを探す」や、イヤフォンを外さずマイク経由で外の音が聞ける「ヒアスルー」、ヘッドセット利用時に自分の声をモニターする「側音」、そしてスマートフォン側の専用アプリには、ワンノブインターフェースで望みのEQカーブが得られる「音楽用イコライザー」も用意されている。

 心拍計や加速度センサーを使った機能も、スマートフォンのアプリを利用する。アプリにはVo2MAXの測定をはじめ、各種ワークアウトのメニューが用意され、音声による心拍数や経過時間などのモニター、コーチング機能もある。腕立て伏せやワークアウトのような運動は、加速度センサーで回数をカウントしてくれるのもおもしろい。

2万円以上の完全ワイヤレスイヤフォンに本命なし、今は待った方がいい

 そして意外と言っては失礼だが、イヤフォン本体の音質もほかに負けていない。中低域に厚みのある線の太いサウンドは、1万円台後半のボリュームゾーンの製品と比較しても個性が立っている。

 つまり現状の優れたトゥルーワイヤレスイヤフォンに、1万円ちょっとプラスで心拍&加速度センサー、そしてトレーニングコーチ(アプリ)が付いてくると考えればいい。

 ただし、ライフログセンサーのようにセンサー側にデータをメモリーする機能はなく、スマートフォンと接続した状態でなければ心拍データなどは取れない。イヤフォンの物性から仕方のないことだが、スマートフォンの非接続時でも本体内にデータをメモリーできるようになれば完璧だ。それと、スポールモデルだから関係ないとはいえ、動画再生の音声ズレは大きい。このへんは次のアップデートに期待したいところ。

■製品レビューはこちら

毎日使いたくなるようなERATO APOLLO 7s

 片側4gという小型軽量な本体ながら、豊富な低域としっかりハイエンドまで伸びた再生音のバランスに魅力がある。先細りの形状から装着感も良く、スタビライザーがなくても安定する。軽くコンパクトなスライド式充電ケースと相まって、毎日使いたいイヤフォンだ。数少ないウイークポイントは動画再生時の音声ズレだが、音楽しか聴かないなら問題ない。

高級な完全ワイヤレスイヤフォン「APOLLO 7s」は音質と軽さを両立

 この製品も今年6月にマイナーチェンジが入り、従来のAPOLLO 7からAPOLLO 7sとなって、DSPによる3Dサラウンドエフェクトが追加された。しかし、このサラウンドが製品のプレミアム性と理解するのは難しい。なぜなら下位機種のMUSE 5にも同じ機能が載っているから。

 実売価格は3万円台後半。初代ERAINとは、同じ小型軽量設計ながらBluetooth接続の安定度や再生音のバランスで差をつけていたが、EARINの次期モデル「M-2」もそろそろ登場する。それによって、この製品の立場も変わってくるだろう。

■製品レビューはこちら

この価格帯はEARIN M-2待ち

 そのEARINの新製品「M-2」は、各販売店とも3万2180円で予約を受け付けている。これは初代と同じ価格だ。

 当初は8月末の発売と言われていたが、9月下旬発売予定に伸びているようだ。しかし、待つだけの理由がある。というのも、初代の弱点だったレイテンシーや、左右チャンネル間の位相差によるステレオのフェージングは、大幅に改善されているはずだからだ。

2万円以上の完全ワイヤレスイヤフォンに本命なし、今は待った方がいい

 初代モデルからの最も大きな変更点は、左右間の接続にNXPセミコンダクターズのNFMI(近距離磁気誘導)を採用したこと。

 初代は、一般的なトゥルーワイヤレスイヤフォン同様、左右間の接続もBluetoothだったが、左右間の接続は不安定になりがちで、信号の遅延も大きかった。Bluetoothの電波が人体に吸収されてしまい、左右の耳の間を直進できないことが大きな原因。対してNFMIは磁気による通信で、人体に信号がほとんど吸収されないため、Bluetoothに起因する問題は軽減されるはずだ。

 となるとイヤフォン本体の再生音のクオリティーが気になるところ。それ次第で開放インイヤー型のAirPodsに対する密閉カナル型として、EARIN M-2がほかを引き離す可能性もある。

 決して安い買い物ではないので、2万円以上の価格帯の製品を選ぶなら、EARIN待ちでじっくり考えたほうがいいかもしれない。