ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2011年9月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
重光直之 [(株)ジェイフィール取締役]

ビジネススクールも本も役に立たない?!
『MBAが会社を滅ぼす』と言われる理由。
ミンツバーグ教授のマネジャーの学校

1
nextpage

「マネジメントの本なんか読んだって、役に立たないよ」。ある日、友人がふと漏らした。たしかに、マネジメントに「こうすればよい」という正解はなく、状況に応じた最適解をその都度見出していくものだ。では、いったいどうすればよいのか?

 あなたが夜遅く、外出先から帰社したとしよう。まだ若手社員が居残り残業をしている。「遅くまでお疲れさま」と声をかけたものの、彼/彼女はいつも遅くまで残っており、残業制限をとうに超過しているはずだということが頭をよぎった。

  このとき、あなたならどう対応するだろうか?

①「いつも残業続きで大変だな。もう今日はいいから早く帰りなさい」と、帰宅を促す。
②「あんまり遅くならないようにな。無理するなよ」と、残業を黙認する。
③「何を抱え込んでいるんだ。見せてごらん」と、仕事に直接介入する。

 状況によってはどれもが正解になりうるし、この中に正解はないかもしれない。

 マネジメントとは、そこに至った背景と、人間関係を含む複雑な要因が絡む絵模様の中で、ひとつの言動を選択したり、あえて何も選択しなかったりする行為である。

 その多くは、日常の中で瞬間的・反射的に行われている。本がまったく無駄だとは言わないが、「読むだけ」でマネジメントを会得するのは相当に難しいだろう。見開き2ページで問題解決ができるほど現実は甘くはない。

マネジャーの仕事は、誰かに「教え授かる」ものではない

 それは、研修の世界も同じである。ピーター・ドラッカー教授と並び称される世界的経営学者、ヘンリー・ミンツバーグ教授は、従来の知識偏重の座学スタイルの限界とともに、世界の潮流は大きく変わりつつあると指摘する。

 ミンツバーグ教授はかねてより、「マネジャーの仕事は誰かに『教え授かる』ものではない」と主張しており、「日々の自分の経験から学ぶ」方法を第三世代と称して以下のように説明している。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


重光直之 [(株)ジェイフィール取締役]

株式会社ニイタカ、社団法人日本能率協会を経て現在に至る。ヘンリー・ミンツバーグ教授との出会いを機に、ミドルマネジャーを元気にする「リフレクション・ラウンドテーブル」を日本に導入し、プログラム開発とファシリテーターを担当。「感じる研修エンジニアリング」の普及にも力を入れ、スキット研修、演出家を招いての役作り研修など、多彩に展開中。

ホームページ:http://www.j-feel.jp(日本語)

 


エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧