[東京 21日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比39円12銭高の1万9509円53銭と小反発して始まった。為替が1ドル109円台前半と円高一服していることが支援材料となった。

ただ、トランプ米政権の混乱やきょうから米韓合同軍事演習が始まることで北朝鮮リスクも意識され、買い一巡後はマイナスに転じている。TOPIXはプラス圏を保っている。

(※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)