[ソウル 21日 ロイター] - 韓国の文在寅大統領は21日、きょうから始まった米韓両軍による合同演習について、純粋に防衛的な性格の演習であり、朝鮮半島の緊張を高めることは意図していないと強調した。

演習は31日まで行われ、北朝鮮による韓国攻撃を想定したコンピューターシミュレーションの訓練などが含まれる。