[モスクワ 21日 ロイター] - ロシア大統領府は21日、新たな駐米大使にアナトリ―・アントノフ外務次官(62)を任命したと発表した。

前任のセルゲイ・キスリャク氏は、昨年の米大統領選期間中と政権移行期にトランプ陣営のメンバーと接触したことが発覚。ロシアの米大統領選介入疑惑の中心人物とされる。

アントノフ氏は2011─2016年まで国防次官を務め、ロシアによるウクライナ南部クリミアの併合に関与したとして欧州連合(EU)の制裁対象となっている。

昨年に外務次官となってからは、外務省と軍の調整役を務めている。