[東京 22日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比20円02銭安の1万9373円11銭となり5日小幅続落して始まった。売り一巡後はプラスに転じる場面もあり、前日の終値付近を方向感なく推移している。

値がさの情報通信株や半導体株が高い。為替が1ドル109円台前半を安定して推移していることで、電気メーカーの一角はしっかりだが、全体的に主力輸出株は売り買いが交錯している。