8月18日、中国人民銀行(中央銀行)が人民元基準値の算出方法見直しについて追加的な説明を行ってから1週間が経過したが、アナリストにとって新たな算出方法の仕組みの理解を進めてくれる材料は何も出てきていない。写真は人民元紙幣。5月撮影(2017年 ロイター/Thomas White)

[上海 18日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が人民元基準値の算出方法見直しについて追加的な説明を行ってから1週間が経過した。しかしアナリストにとって新たな算出方法の仕組みの理解を進めてくれる材料は何も出てきていない。

 人民銀は5月下旬、人民元基準値の算出に「カウンターシクリカル(反景気循環)な要素」を導入すると発表。制度の透明性を高めると同時にマーケット志向を強め、ルールに基づいた仕組みにすると説明した。しかし実際には、その後人民元基準値は予想が難しくなった。

 人民元の対ドル相場は昨年6.5%ほど下落。今年は4%と緩やかな上昇だが、そのほとんどは基準値の算出方法見直し後に起きた。

 OCBC銀行(シンガポール)のエコノミスト、トミー・シエ氏は「基準値の予測は困難になってしまった」と話す。シエ氏の予想モデルはこの3ヵ月間で精度が下がり、「困惑している」という。

 算出方法の見直し発表後に沈黙を守っていた人民銀行は、11日公表の四半期金融政策報告で見直しについてより具体的な説明を試みた。それによると、公認銀行14行が「経済の基礎的諸条件や外為市場の動きに基づき」それぞれ独自にカウンターシクリカル係数を作成。人民銀行が14行の算出した予測値を集計し、基準値を弾き出しているという。