8月19日、トランプ米大統領は腹心とされたバノン首席戦略官兼上級顧問(写真)を解任した。だがこれによって、トランプ政権が米国第一主義を放棄することはないとみられる。米メリーランド州で開かれた保守系政治カンファレンスで2月撮影(2017年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン/ブリッジウォーター(米ニュージャージー州) 19日 ロイター] - トランプ米大統領は腹心とされたバノン首席戦略官兼上級顧問を解任した。だがこれによって、投資家や米国の貿易相手を不安に陥れ、ホワイトハウス内のナショナリストと国際主義者の対立を招いた米国第一主義を、トランプ政権が放棄することはないとみられる。

 バノン氏は古巣の極右系ニュースサイト「ブライトバート・ニュース」への復帰を表明。ホワイトハウスの制約なしに物が言えるので、右派のための政治的な大義をさらに前進させる行動が可能になったと期待する声が賛同者から聞かれた。

 トランプ政権が激しい論争を巻き起こした特定イスラム圏からの入国禁止命令や、パリ協定および環太平洋連携協定(TPP)からの離脱方針発表などは、バノン氏が推進した。こんな同氏に共和党主流派の味方は1人もいなかったが、トランプ氏を強く支持する保守系グループの一部からは非常に好感を持たれている。

 バノン氏と親しいある人物は「トランプ氏は外部に強力な同盟者を得ることになる。バノン氏は大統領の政策課題を支持し、自ら巨大なハンマーを駆使して議会指導部をたたく」と述べた。

 トランプ氏支持者の間でも、バノン氏が政権を去ったからといって、トランプ氏が昨年の選挙中に掲げた政策に背を向けるとは懸念されていない。67歳の中小企業経営者の男性は「トランプ氏はこれからも大丈夫だろう」と語った。