[ロンドン 22日 ロイター] - 英産業連盟(CBI)が22日発表した調査結果によると、国内の製造業各社は、好調な受注を受け向こう3カ月で一段と力強く成長するとの見通しを示した。ただ、消費者は物価上昇による圧力をさらに感じることになりそうだ。

8月の製造業受注指数はプラス13で、7月のプラス10から上昇。ロイターがまとめたエコノミスト予想はプラス9だった。

向こう3カ月の生産見通しに関する指数はプラス30。今年3月以来の高水準を記録した。

価格期待に関する指数はプラス19で、7月のプラス9から上昇した。

CBIのエコノミスト、アンナ・リーチ氏は「輸出企業がポンド安の恩恵を感じていることを示す一段のサインといえる。向こう3カ月の生産の伸びは堅調となりそうだ」と述べた。

調査結果は7月26日─8月11日に集められた製造業432社からの回答に基づいている。