[東京 23日 ロイター] - 東芝<6502.T>が大幅続伸。半導体メモリー事業の売却を巡り、米ウエスタンデジタル(WD)<WDC.O>が官民ファンドの産業革新機構などと買収連合をつくり、月内決着に向けて協議に入ったことが明らかになったと、日本経済新聞が23日付朝刊で報じた。WD首脳は今月に入り、協議で合意できれば国際仲裁裁判所への申し立てを取り下げる考えを東芝首脳に伝えたという。報道に市場はポジティブな反応をみせている。