[モスクワ 23日 ロイター] - ロシアのリャブコフ外務次官は、日本が陸上配備型ミサイル防衛システム「イージス・アショア」を導入する可能性について、深刻な懸念を表明した。ロシア通信(RIA)が23日伝えた。

同次官はまた北朝鮮に対し永久に制裁を続けるべきではないと述べ、対話がなければ制裁は成功しないと主張した。