楽天モバイルは、新料金プラン「スーパーホーダイ」を9月1日から開始すると発表した。

11

1年目は税抜月1980円~でデータと通話定額がセット
通信量を使い切っても、1Mbpsでの通信が可能

 この新プランは格安スマホでのシェアを伸ばしている、Y!mobileやUQ mobileを意識した内容と言える。通信量別に「プランS」(月2GB)、「プランM」(月6GB)、「プランL」(月14GB)があり、月額料金はそれぞれ税抜月2980円、税抜月3980円、税抜月5980円。さらに楽天の会員であれば、契約から1年間は税抜月1000円が割り引かれるほか、1回5分までの国内通話定額も付いてくる。ここまではY!mobileやUQ mobileなどと近い(Y!mobileは国内通話定額は1回10分まで)。

 「スーパーホーダイ」ならではのメリットは、上記の通信量を使い切った場合でも、通信速度の制限が最大1Mbpsとまずまず実用的な点。ただし、通信が混み合う12~13時、18~19時の時間帯は最大300kbpsとなる。

 なお、「スーパーホーダイ」には2年または3年の最低利用期間が設定されており、2年を選択した場合は端末代が1万円、3年の場合は2万円が割引されるという特典が用意されている。最低利用期間の経過後は契約解除料は必要なくなるので、この点は大手キャリアやY!mobileなどとの違いとなる。

 発表会の詳しい模様はあらためてお届け予定。