[ワシントン 23日 ロイター] - トランプ米大統領と米上院の共和党トップ、マコネル院内総務との間の緊張を伝える報道が相次いだことを受け、ホワイトハウスは23日、両氏が共有する多くの優先課題において協力を続けていると発表した。

ホワイトハウスは発表文書で、大統領と院内総務は「中間層の減税措置、米軍の増強、南部国境への壁の建設を含め、共有する多くの優先課題において協力を続けている」と表明。

ホワイトハウスはまた、両氏はこれらの課題を協議するため、夏の休会明けに議会指導部とトランプ政権閣僚による会合を予定通り開催すると明らかにした。

これに先立ち、マコネル院内総務は23日、共和党議員らは大統領と「共有目標」を話し合うため、定期的に連絡を取っていると述べた。