ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「神様の女房」特別編
【第1回】 2011年9月12日
著者・コラム紹介バックナンバー

NHKドラマ化決定!
小説「神様の女房」
プロローグ 全文掲載。

1
nextpage

  “経営の神様”として知られる松下幸之助の妻、「松下むめの」の生涯を描いた感動の物語『神様の女房 もう一人の創業者・松下むめの物語』が刊行された。10月1日からは、ジェームス三木脚本、常盤貴子、筒井道隆出演でNHKのドラマ化も決定した(土曜日夜9時より。総合テレビ・全3回)。
  著者の高橋誠之助氏は、幸之助・むめの夫妻の最後の執事として、二人に臨終まで仕えた人物である。松下幸之助には数多くの著作・評伝などが残されているが、夫人については実はほとんど知られていない。五里霧中の商品開発、営業の失敗、資金の不足、苦しんだ人材の採用と教育、関東大震災と昭和恐慌、最愛の息子の死、そして戦争と財閥解体…。幾度も襲った逆境を、陰となり日向となり支え、「夫の夢は私の夢」と幸之助の描いた壮大なスケールの夢を二人三脚で追いかけていったのが、むめのだった。
  この連載では、本書プロローグ全文掲載、著者インタビューなどを通して、小説「神様の女房」と小説の主人公「松下むめの」の魅力について、紹介していく。第1回は、プロローグの全文を掲載する。

プロローグ
奥さん、ほんまにありがとう

 こうして壇上に上がるなど、何年ぶりだろう。前はいつのことだったか、むめのは思い出そうとしていた。たしかにかつては、会社を手伝っていた時期がある。自ら工場にも出た。経理の役割を担っていたこともある。だが、そんな会社の仕事の現場から離れて、もう三五年になる。その間に、会社は驚くほどの成長を遂げ、日本を代表するような存在になった。

 壇上には、会社関係をはじめ、実に七〇〇〇を超える人々の目が熱く注がれていた。昭和四三年(一九六八年)五月五日、大阪・枚方の松下電器産業体育館。会社が五〇周年を迎え、式典が行われることは聞いていた。すでにほとんど会社の経営とは関わっていなかったむめのに、今回はどうしても夫婦で参加したい、一緒に壇上に上がってほしいと珍しく懇願したのは、夫だった。

 隣に座っている夫、会長の松下幸之助は立ち上がるとゆっくりと壇の中央へと進み、話し始めた。妻、むめのは、壇上で話す夫の姿を、久しぶりに後ろから眺めた。

 「思い出しますと、五〇年前、私ども夫婦はささやかな姿で仕事を始めたのでありますが、当時、会社が今日のように大を成すとは夢にも考えておりませんでした。ともかく生活の道という切実な考えで仕事を始めたのであります。
従業員の方とても四、五名でございました。経営が成り立っているかどうか、わからないながらも、やるからには仕事は一生懸命やらなくてはならないと、時間を超越しまして、朝早くから晩遅くまで仕事を続けてまいったのであります」

 ここで、幸之助が不意にむめののほうに振り向いた。むめのは驚いた。スピーチの最中に、後ろを振り向くなど、これまでにはないことだったからである。幸之助はゆっくりと再び正面を向き直すと、再び話し始めた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



「神様の女房」特別編

“経営の神様”として知られる松下幸之助の妻、「松下むめの」の生涯を描いた感動の物語『神様の女房 もう一人の創業者・松下むめの物語』が刊行された。10月1日からは、ジェームス三木脚本、常盤貴子主演でNHKのドラマ化も決定した(土曜日夜9時より。総合テレビ・全3回)。
著者の高橋誠之助氏は、幸之助・むめの夫妻の最後の執事として、二人に臨終まで仕えた人物である。松下幸之助には数多くの著作・評伝などが残されているが、夫人については実はほとんど知られていない。五里霧中の商品開発、営業の失敗、資金の不足、苦しんだ人材の採用と教育、関東大震災と昭和恐慌、最愛の息子の死、そして戦争と財閥解体…。幾度も襲った逆境を、陰となり日向となり支え、「夫の夢は私の夢」と幸之助の描いた壮大なスケールの夢を二人三脚で追いかけていったのが、むめのだった。
この連載では、本書プロローグ全文掲載、著者インタビューなどを通して、小説「神様の女房」と小説の主人公「松下むめの」の魅力について、紹介していく。

著者
髙橋誠之助(たかはし・せいのすけ)
1940年京都府生まれ。1963年神戸大学経営学部卒業後、松下電器産業株式会社(現パナソニック)入社。主に広島営業所などで販売の第一線で活躍。入社7年目、29歳のとき突然に本社勤務の内示があり、「私は忙しい。松下家の家長として十分なことができない。それをきみにやってほしいんや。よろしく頼む」と松下幸之助直々の命を受ける。以来、松下家の執事の職務に就き、20年以上にわたり松下家に関する一切の仕事を担う。幸之助とむめのの臨終にも立ち会い、執事としての役目をまっとうする。その後、幸之助の志を広めるために1995年に設立された財団法人松下社会科学振興財団の支配人となる。2005年、財団法人松下社会科学振興財団支配人、定年退職。

「「神様の女房」特別編」

⇒バックナンバー一覧