◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4~18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第6刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

親の価値観は自分では気づかない

 よくいわれることですが、富士山が高いのは、裾野が広いから。

 高みを目指そうと、いつも到達点ばかり考えていると、視野が狭くなり、到達したはいいものの、あれ、こんなはずでは、となります。

 必死で到達したゴールですが、

・やっと着いてみたらもう時代はそこにはなかった
・あまりに多くの人がそこにいすぎて全然目立たない
・到達するまでに我慢してきたことが多すぎて微妙に枯れてしまった

 ということにならないようにしないといけません。

 親の価値観は、自分では気づかないですが、

・ものすごく古い
・昔の常識や過去の栄光にどっぷり浸かりすぎている
・若い世代の意見が入っていけないくらい頑固でガチガチ
・これまで成功してきた物や人や慣習や商売や職業がこれからもずっと繁栄すると疑いなしに信じている

 ところがあります。

この2つが大切!

 そんな親の思い通りに子どもを動かしても、5年後にどうなるか保証はできません。
 それよりも、世界のエリートたちを見てきて感じるのは、次の2つが大切です。

1)予測可能な道をあえてはずす
2)小さな賭けに出る

 お子さまに、小さいうちから、富士山の裾野のような視点をもっていただくため、あえて冒険をしてもらいましょう。
 そのためには、親が無償の愛情であなたをいつも見守っています、安心して大丈夫ですからね、と、常に態度や言葉、スキンシップで伝えましょう。
 きっとうまくいきます!

 好奇心・弾む心・ときめき・平常心・余裕を忘れずに!