◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4~18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第6刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

カリスマ教師3つの特徴とは?

 旅や食事、車や服や家、時計や宝飾類、エステや美容整形など、かける金額でサービスや実質に雲泥の差が出るものはたくさんあります。

 しかし、教育はお金とまったく無関係。

 つぎ込めばつぎ込むほど効果が出る、は大間違いです。
 かけすぎるくらいかけているから安心、という親の保険料にすぎません。

 では、教育の成功に大切なものは何でしょうか?

 それを知っているのが、いわゆる「カリスマ教師」です。
 カリスマ教師のみなさんには3つの特徴があります。
 これをご家庭で、親がさりげなく実践すれば、教育を外注することなく、むしろより効果的な学習効果が得られます。

 カリスマ教師の3つの特徴とは、
1)説得力
2)ユーモア
3)包容力

 です。

1)説得力を最大化するには、
・声にハリを出す。トーンを明るく。ハキハキと
・何事も下調べ。豊富な知識。そのためには常に自分の頭脳をアップグレード
・子ども目線。「わかりやすい」が一番。大人のプライドは捨てる

2)ユーモアは、
・気持ちは見た目から。しかめ面しないで、つねにニコニコ
・失敗は成功の元、と親が本気で思うこと。笑い飛ばす勇気を
・ハーバード大のスピーチでも5分に1回笑いを取るのは条件のようなもの、日常生活で練習
・子どものよいところばかりを見ていると、ほんとうに心から笑顔になる
・ユーモアとは、ギャップによるところが大きいので、生活の中でギャップを探す練習を

3)包容力は、
・〇〇ができるからうちの子はお利口ではなく、その子の全身全霊をあるがままに受けとめるアンコンディショナル・ラブ(無条件の愛)
・私の口癖は「かわいすぎる!」。わが子も生徒さんもセミナー受講生も、どの子を見ても心からそう感じる。「かわいすぎる!」と声に出して言ってみよう
・「余計なひと言」を削除できる自分になれるように、日頃から訓練。それには人間観察が一番! ほめて育てるのと、欠点を指摘して育てる、のでは結果が大違い


『英語で一流を育てる』にも、プレミアム特典「子育て完全保存版マニュアル!これだけ11のルール」として詳しく書きましたが、「冷蔵庫に貼って常に目を通している」「大変参考になる」「きつい言葉で叱りそうになるときに言葉の断捨離ができるようになった」など、お母さま、お父さまからのメールもたくさんいただきました。

 ぜひご家庭でも3つのやり方でカリスマ教師になりきり、単語暗記法と音読法で、「英語で一流」を育ててくださいね。