秋葉原恒例となりつつある、次期iPhoneのモックアップがあきばお~零に入荷。販売はしていないが、店頭ではカラー違いの4モデルを展示している。

iPhone 8
iPhone 8
アキバ恒例行事の次期iPhoneのモックアップが今夏も登場。果たしてウワサ通りのスペックか

 例年のパターンであれば、来月にも登場が噂されている次期iPhone。こちらもアキバ恒例、モックアップが登場している。「iPhone 7s」なのか、はたまた5.8インチ版「iPhone 8」なのか。入荷したモックをじっくり眺めてみよう。

iPhone 8
モックの出所は、いわゆる大陸系の工場。狭額縁パネルは5.8インチデザイン。表示領域は「iPhone 7 Plus」とほぼ同じだ

 「iPhone 8」(仮)では、前面がほぼ表示領域で狭額縁の5.8インチパネルを搭載。FaceTimeカメラや各種センサー、ホームボタン兼Touch IDなどは、表示パネルに埋め込まれ、いわゆる慣れ親しんだ物理ボタンである「ホームボタン」もない。フロントデザインについては、おおよそウワサ通りとなっている。

iPhone 8
iPhone 8
裏面側。指紋認証はサポートされるのか。それらしい形跡もあるが果たして

 裏面はどうだろうか。VRを意識したとされるiSightカメラは縦方向に2つのレンズを搭載。こちらも事前のリーク情報通りの仕様だ。

iPhone 8
iPhone 8
ボリュームや電源ボタンは実装されていた。iSightカメラはデュアル仕様に。こちらは情報通り

 なお、入荷したモックのカラーはジェットブラックとシルバー、ゴールド。そしてやや怪しげなレッド。ちなみに、あきばお~零によると「現時点で販売予定はないが今後検討する」とのこと。雰囲気だけでも味わいたいというユーザーは、とりあえずチェックしておこう。

iPhone 8
iPhone 8
中央の「iPhone 8」(仮)を「iPhone 7 Plus」(左)と「iPhone 6 S」(右)と比較。レッドカラーも確認できたが、あまりカッコよくはない