[東京 25日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比47円35銭高の1万9401円12銭となり、反発で始まった。外為市場でドル/円<JPY=>が109円台半ばまで円安方向に振れたことが支援材料となった。

外需関連株の一角が堅調に推移しているほか、前日に下げた鉄鋼株に買い戻しが入っている。ただ指数は足元では伸び悩み、1万9400円近辺で推移。TOPIXも小幅高での値動きとなっている。