8月24日、米ジャクソンホールで開催される経済シンポジウムを控え、市場はこう着感が強まっている。注目は欧米中銀トップ2人の講演。写真は2014年8月にジャクソンホールで会話を交わす欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁(左)と米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長(2017年 ロイター/David Stubbs/File Photo)

[東京 24日 ロイター] - 米ジャクソンホールで開催される経済シンポジウムを控え、市場はこう着感が強まっている。注目は欧米中銀トップ2人の講演。タカ派的かハト派的か、または中立的か──。ドルとユーロの2大通貨の方向性に大きな影響を与える可能性もあるだけに、イベントを挟んで神経質な相場展開となりそうだ。

イエレン議長は何を重視するか

 米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は、日本時間25日の午後11時から「金融の安定(Financial Stability)」というテーマで講演する。

 市場が注目するのは、同議長が講演のなかで、インフレか、それとも金融の不均衡か、いずれを重視するかという点だ。

 インフレであれば、最近の米物価の伸び悩みを背景に、年内の利上げ観測は後退する可能性がある。

 一方、過去最高値圏にある米株価などを取り上げて金融不均衡への警戒感を示すならば、不均衡是正のために、金融政策「正常化」へのピッチを速めるとのタカ派的な思惑が強まる可能性がある。

 FRBの「伝統」からすれば、金融不均衡を予防するのに金融政策を用いるのは最後の手段になるが、最近の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨などをみると、FRB内に金融不均衡を懸念する声が強まっていることがわかる。