[東京 25日 ロイター] - 小野寺五典防衛相は25日の閣議後会見で、中国軍機が前日午前に紀伊半島沖まで長距離飛行したことについて、外交ルートを通じて日本側の関心を伝えたことを明らかにした。

小野寺防衛相は「国際法上、特段の問題があったという事実は確認されていない。抗議はしていないが、外交ルートを通じ、我が国としての関心表明を行った」と述べた。

防衛省は24日夜、中国軍の爆撃機6機が東シナ海から太平洋に抜け、紀伊半島沖まで飛行したと発表。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進した。中国政府はその後、通常の訓練であり、国際法に反していないとの声明を発表。こうした飛行を今後も続けるとした。

小野寺防衛相は、「中国機が公海上を飛行するのは、国際法上の面では問題がない。しかし、中国側の意図については今後とも分析し、中国側にも確認することが必要だと思う」と語った。

(久保信博)