[ロンドン 24日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)によると、今年3月までの1年間における英国への移民の純流入数が、過去3年で最低水準に落ち込んだ。

昨年の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)決定以降、EU加盟国の国民の英国出国が入国ペースを上回っていることが主因という。特に落ち込みが大きかったのは、ポーランドやハンガリーなどの東欧8カ国からの移民の流入。

3月までの1年間における英国への移民の純流入数は24万6000人で、前年比8万1000人減。このうちEUからの純流入数は12万7000人で5万1000人減。2013年12月までの1年間の記録以来の低水準となった。ブレグジットを決めた国民投票前は、過去最大の33万6000人を記録していた。

財界は、純流入数の減少について、賃金インフレや英国人労働者とのスキル・ギャップが埋まらないことを懸念する企業にとって、深刻な問題になると指摘している。

一方、移民抑制を求めている団体の「マイグレーション・ウォッチUK」は、前向きな兆候ではあるが移民は依然多すぎると指摘。アンドリュー・グリーン会長は「この数字により、依然年間25万人という容認しがたい数の移民が来ている事実がかすんではならない」と述べた。