99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。

相性のいい人・悪い人を見分ける
たった一つの【ある法則】

『9code(ナインコード)占い』から導かれる「陰陽の法則」(※前回の記事参照 )を活用すれば、家庭内でも会社内でも、相手を逆なでせずに、相手を受け入れることができるので、無駄な争いやケンカは起きにくいでしょう。

 しかし、その後、相手とよい関係を保ち続けるために、さらなる深い関係性を築くために、どうしても必要なものがあります。

 それがコミュニケーションです。
 相手を受け入れるのはもちろんですが、コミュニケーションをうまくとれなければ、何事もうまくいきません。

 ただ、現代人にとって、このコミュニケーションが厄介で、苦手という方も多いでしょう。
 では、なぜ、苦手なのでしょうか?
 その答えは、実はいたってシンプル。

 つまり、自分にとって、本当に相性のいい人・悪い人がわからず、その向き合い方を知らないからです。

 いま、あなたは仕事でもプライベートでも、自分にとって相性のいい人や悪い人をしっかりと判別でき、一人ひとりとうまく向き合えていますか?

 もし、あなたが、少なからずコミュニケーションで苦しんでいるなら、人との相性のよし悪しを勘違いしているか、その人への接し方が間違っている可能性があります。
 でも、ご安心ください。

 これからお伝えする、『9code』から導かれる【ある法則】を使えば、あなたと生まれながらにして相性のいい人・悪い人との正しい向き合い方や接し方がわかるようになります。

 この【ある法則】をしっかりと理解し、コミュニケーション力に磨きをかけ、家庭も会社もより豊かな場所に変えてください。