皆さんの職場で、酒が飲めないと知っていながらしつこく絡んでくる上司や同僚はいないだろうか?(写真はイメージです)

学生時代のヤンキー気質がいまだに抜けず、乱暴な言動で新人を追い詰める30代半ばのトンデモ社員。そのせいで職場の空気が悪くなり、社員の離職が止まらない。元ヤンキーが起こすパワハラにどう対峙すればいいのだろうか?(特定社会保険労務士 石川弘子)

 F田は学生時代ヤンキーで、現在はI不動産の営業として働いている。売り上げの成績は常にトップで、お客様の評判も悪くない。しかし、社内では乱暴な言動と、過去の自慢話(?)で煙たがられ、同僚はうんざりしている。後輩に対しても、パワハラとも取れる言動で何人もの新人を退職に追い込んできた。会社もそんなF田を持て余していたところに、事件は起きた。

 本題に入っていく前に、まずはI不動産の概要と登場人物を簡単にお伝えしよう。

I不動産 概要
 創業16年の不動産会社。投資物件の販売と賃貸管理を行っている。従業員は、契約社員やバイトの事務も含めて20名程度だが、今後は規模拡大を目指している。
登場人物
M本:I不動産会社の部長。33歳男性。真面目で仕事熱心。F田の中学校の後輩。
F田:高校中退後、職を転々とし、現在はI不動産の営業社員。学生時代はヤンキーで、いまだにその気質が抜けない。M本の中学校の1学年上の先輩。
K川:3ヵ月前にI不動産に入社してきた契約社員。24歳男性。大学卒業後、フリーターをしていたが、I不動産で正社員を目指して頑張っている。

ヤンキー気質の抜けない痛い社員
F田のせいで新人が定着せず

「つーか、酒も飲めないで営業やってるってどういうこと?お前、本当に使えねーな。酒なんて鍛えて強くなんだよ。俺なんて、昨日も客と飲んで、ボトル3本空けたから」