[東京 25日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は25日、高級車ブランド「レクサス」の2017年上期(1―6月)の世界販売台数が前年同期比4.4%減の30万5169台だったと発表した。主力の北米市場でセダンの販売が落ち込んだ。上期としては11年以来6年ぶりに減少した。

北米では同10%減の約14万6000台となった。SUV(スポーツ型多目的車)などのライトトラック系は堅調だったが、セダン系が振るわず、年末に新型車の発売を控える最上級セダン「LS」も45%減った。中国では約3割伸びたものの、欧州で1%、日本で23%、中近東で26%それぞれ減少した。

(白木真紀、田実直美)