[25日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は25日、米連邦準備理事会(FRB)は追加利上げに「忍耐強く」なるべきとの見解を示すと同時に、バランスシートの縮小については早期に着手すべきと語った。

カプラン総裁は、広く考えられているよりも中立金利に近づいていることに加え、投資家の間で低金利が長期間にわたり継続するとの考えが浸透していることを念頭に、FRBは追加利上げを「忍耐強く」進める必要があると強調した。

同時に、バランスシートの縮小は「できる限り早い段階」に開始すべきとした。