[ニューヨーク 25日 ロイター] - 25日のニューヨーク外為市場でドルが下落。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が米ワイオミング州ジャクソンホールの年次シンポジウムで行った講演で、金融政策に言及しなかったことを受けた動き。

市場ではイエレン議長が金融政策に関しコメントすることはないとの見方が大勢となっていたが、一部市場参加者の間では利上げ見通しとまではいかなくてもバランスシート縮小を巡り何らかのシグナルを示す可能性があるとして注目されていた。

イエレン議長の講演を受け、ドル/円<JPY=>は0.2%安の109.35円。ユーロ/ドル<EUR=>は0.5%高の1.1851ドル。