Galaxy Note8

 ニューヨークで発表された最新スマホ「Galaxy Note8」。「Noteと言えばペン、ペンと言えばNote」というわけで、Note8で新登場&強化された4つのペン機能を動画(一部環境では表示されない場合があります)と静止画で紹介します。

 なお、端末全体のレビューは「文房具に近い完成度」と絶賛の山根博士の記事をご覧ください。

1.オリジナルの動くメッセージカードがつくれる「Live Message」

 Note8で新しく追加されたLive Messageはペンで描く様子を短いアニメーションGIFにして、各メッセージアプリに送る機能。日本でも広く利用されているLINEやFacebook Messengerなどではトーク上でアニメーションGIGを再生でき、汎用性の高さが魅力です。

 使えるシチュエーションとしては、誕生日などのお祝いやスタンプにはなかなかない自分らしいメッセージを送りたいときに最適です。

Galaxy Note8
自分の感情をのせたメッセージを送るのに最適

 Live Messagenoつくり方はメッセージアプリ上でキーボードにあるハート型のキーを押すか、Sペンを抜いて画面上にフロー表示される「エアコマンド」から専用ウィンドウを呼び出して書き込むだけ。

 ペン先や太さ、色などは変更可能。ペン先は筆、光るペン、パーティクルが出るペンの3種類。色は蛍光に近いカラーと白・黒の全7色。

Galaxy Note8
ペン先の種類
Galaxy Note8
太さも調整可能
Galaxy Note8
色は7種類から選べる

 なお、背景は単色のほか端末内に保存されている画像から選べるので、写真をデコるのにも重宝しそうです。つくったLive Messageは端末内に保存されるためスタンプのように何度も使うこともできます。

Galaxy Note8
背景に写真を入れてつくることも
Galaxy Note8
つくったLive Messageは保存される

2.画面上にもう言語の壁なんてない!?「Translation」

 Translation(翻訳)機能は、リコールになってしまったNote7(およびNoteFE)に搭載されていた機能。翻訳したい画面を表示したら、エアコマンドを使ってTranslation機能を呼び出し、Sペンを翻訳した文字の上に近づければ、翻訳結果がポップアップで表示されます。

Galaxy Note8
ペン先を近づけるだけで翻訳できる

 翻訳エンジンはGoogle翻訳であるため、日本語を含む数多くの言語に対応しています。ChromeブラウザーなどはもともとGoogle翻訳が内蔵されていますが、NoteのTranslation機能は。文字と認識されればなんでも翻訳できるのでブラウザーで表示できるもの以外にも使えるというわけです。

Galaxy Note8
数多くの言語に対応
Galaxy Note8
画面に表示されていて文字と認識できれば、たとえ画像でも翻訳できる

 さて、そんなTranslation機能ですが、Note7のものをそのままNote8に搭載した、というわけではありません。Note7までは前述のとおり「単語」単位でしか翻訳できませんでしたが、Note8では「文章」単位の翻訳に対応。より実用性が高まったと言えるでしょう。

Galaxy Note8
Note8では文章の翻訳にも対応

 しかも、文中にある外貨の記述は、本体設定のメイン言語をもとに変換され、自分の国のお金でいくらくらいなのか、すぐに確認できます。海外のECサイトや、旅行時のメニューを見るときなどに便利ですね。

Galaxy Note8
外貨が含まれる場合は端末設定に応じたお金に変換してくれる

3.ロック画面にピン留めできるようになった「Screen off memo」

 Note7から搭載され、画面オフ時にSペンを引っこ抜けばすぐに画面上でメモをとれる「Screen off memo」もNote8で進化を遂げています。まずはScreen off memoに保存できる最大ページ数が100枚に増量。Note8は縦に長くなり、1ページ当たりに書ける情報量も多くなりましたが、それが100枚となると、ほぼ際限なく書ける気がしてきます。

Galaxy Note8
画面オフ時からすぐに書き始められる

 Screen off memoはペン先は変えられず、ペンの太さのみを変更可能です。書いたメモは標準の「Samsung Note」アプリに保存できるため、思いついたことや忘れたくないアイデアを即メモしておき、あとからキレイにまとめられます。

Galaxy Note8
ペン先の種類はひとつだが、太さは5段階ある

 さらに、Note8では書いたScreen off memoをロック画面(Always On Display)上にピン留めできるようになりました。AOD上でピン留めしたノートをSペンで2回タップすれば、即編集できるため、これは買い物メモなどカンタンなタスク管理に最適ですね。

Galaxy Note8
Screen off memoの左上にあるピンボタンを押すとAODに表示するか聞かれる
Galaxy Note8
表示するを選べば、AODにピン留めされる

4.キレイに手書きメモがとれる「簡易手書きパッド」

 最後に紹介する「簡易手描きパッド」はNote8に新搭載された「Samasung Note」アプリの一機能。ノートにホバー表示されているツールボックス内にあり、この小さなウィンドウに書き込むことで、書いた文字の大小や文字間隔などが自動調整されます。

Galaxy Note8
Note8で追加された「簡易手描きパッド」

 実際に試してみると、確かに最初大きく書いた文字に対して、わざと小さく書いてみてもノートの枠線の幅にピッタリあうように調整されています。ノートをとるときは落ち着いて書ける画面とは限りませんし、速さ重視だったり、大雑把にメモをとりがちの人にはオススメです。

Galaxy Note8
Galaxy Note8
まずは枠いっぱいに「ABC」と書いてみる
Galaxy Note8
Galaxy Note8
つづいて半分くらいの高さで「ABC」と書いてみたが、1回前と同じくらいの高さで挿入された

 ただ、アルファベットと漢字のどちらも試してみたところ、アルファベットはそこそこうまく認識しますが、漢字は部首などがわかりづらいのか、なかなか自動調整されませんでした。このあたりは、ぜひ製品版でのブラッシュアップを期待したいところです。

唯一無二のペン機能を早く使いたい!

Galaxy Note8
Note8のカラーバリエーションごとにペン本体の色も異なる

 今回、「Live Message」ではコミュニケーションを、「Translation」と「Screen off memo」では生活や仕事の効率性向上を、そして「簡易手描きパッド」は手書きメモのハードルを下げる機能追加・強化と言えるでしょう。

 長年、Noteシリーズとしてペン付きスマホを排出してきた同社だからこそ実装できる多彩な機能は、Galaxy Note8を買いたくなる大きな動機となりますね。