[ジャクソンホール(米ワイオミング州) 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は25日、ECBの超緩和的な金融政策は成功しており、ユーロ圏経済の回復は根付きつつあるとの考えを示した。ただインフレ率がECBの目標に向け収束するまで、引き続き忍耐強くある必要があるとの見方も示した。

ドラギ総裁は米ワイオミング州ジャクソンホールで開催中の年次経済シンポジウムでの講演後の質疑応答で、産出が潜在能力に向け増加していくにつれ、インフレ率はECBの目標に向け収束していくと確信していると述べた。

ただ、現在は労働市場に緩み(スラック)が存在することで賃金の伸びが抑制され、その結果インフレが抑制されているとの考えを表明。「産出ギャップが縮小するにつれ、中期的にインフレは目標に向け収束し続けていくと確信している」と述べた。ただ「その一方で、労働市場を巡る要因と生産性の低さはすぐに解消する問題ではないため、われわれは非常に忍耐強くある必要がある」とも述べた。

そのうえで「インフレ率が中期目標に向け自立的に収束していく動きはまだ見られていない」とし、「このため、大規模な金融緩和はなお正当化される」と語った。