[東京 28日 ロイター] - 米ウエスタンデジタル(WD)<WDC.O>のティーブ・ミリガン最高経営責任者(CEO)が来日し、東芝<6502.T>の半導体メモリー事業買収に向け最終協議していることがわかった。関係筋が28日、明らかにした。

東芝は31日にも取締役会を開き、WDに産業革新機構、日本政策投資銀行、米系ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)<KKR.N>を加えた日米連合に子会社の東芝メモリ(TMC)を売却することで最終調整している。

(浜田健太郎 山崎牧子)