[ロンドン 27日 ロイター] - 英国の最大野党・労働党は27日、欧州連合(EU)離脱後の移行期間に英国を欧州単一市場と関税同盟にとどまらせる「ソフトブレグジット」を目指す方針を示し、「ハードブレグジット」を唱えるメイ首相と正反対の政策を提示した。

労働党の影の内閣でEU離脱担当相を務めるスターマー氏が英紙オブザーバーに明らかにした。

同相によると、労働党は、英国がEU離脱交渉期限の2019年3月以降も、人の自由な移動を含め、EU加盟国と「同じ基本条件」を維持できるよう求める考え。突然のEU離脱により、経済に悪影響が及ぶのを避ける狙いがある。

労働党はまた、EUとの関税同盟の維持を目指すほか、交渉次第で欧州単一市場と新たな関係を結ぶ可能性を示した。

メイ首相率いる保守党政権の閣僚は、EU離脱後の移行期間に英国が単一市場や関税同盟に残留する可能性を排除している。

スターマー氏は、2019年3月以降もEUのルールに従うことでEUと英国間の貿易が関税や税関検査、追加の行政手続きなしに続けられると説明。ただ、既存の枠組みに残留する期間は特定しなかった。

同氏はまた、労働党はいかなる交渉においても雇用と経済を優先するとした。